全レシピ表示

イベリコ豚ローストポークとカプレーゼ




スパイスに7日間も漬け込み、丁寧に低温ローストしたイベリコ屋のローストポークはやわらかくて絶品です!
そのまま切ってお皿に並べてもよいのですが、より美味しくいただ
くために、表面を焼いてから切ることをお勧めします。

豚肉と相性のよいトマトのサラダを合わせて、おもてなしにどうぞ。
豚肉は、トマトの栄
養の吸収をよくする働きがありますので、よい食べ合わせなのです。
今回は、ローストポークの美味しい食べ方と併せて、カプレーゼのレシピをご紹介します

材料)
イベリコ豚ローストポーク
付け合わせのサラダ(今回はセルバチコ使用)
プチトマト 適量
塩 少々
ホワイトバルサミコ(甘みのあるイタリアのビネガー)少々
エキストラバージンオリーブオイル 適量
モッツァレラチーズ 1袋(今回はボッコンチーニ使用)
バジル、黒コショウ 適量

作り方)
1. 常温に戻したローストポークの表面を強火で焼いて焼き色をつけて、網の上などに置いて休ませてから薄く切る。
2. ローストポークの付け合わせのサラダ。セルバチコに塩コショウ、ホワイトバルサミコをふり、エキストラバージンオリーブオイル、パルミジャーノレッジャーノ(分量外)をかける。
3. カプレーゼのプチトマトは半分に切りボウルに入れて塩をふり、水分が出るのを待ち、少量のホワイトバルサミコ、エキストラバージンオリーブオイルをふる。
4. 皿に3のトマト、モッツァレラチーズを盛り、ちぎったバジルをトッピング。
エキスト
ラバージンオリーブオイルをかけて黒こしょうを挽く。

コメントする

名前

URL

コメント

ページトップへ